足球外围平台推荐_体育投注官网~

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  【大学院】博士学位取得者による研究発表会を開催しました

【大学院】博士学位取得者による研究発表会を開催しました


12月14日に博士学位取得者による研究発表会を行いました。

名古屋学院大学大学院では、経済経営研究科経営政策専攻博士後期課程において博士(経営学)の学位を取得された皆様で結成された「博士の会」と共催で本学学位取得者による研究発表会を実施しました。
当日は、経済経営研究科長の大石邦弘教授と「博士の会」会長の太田信義氏から挨拶の後、本学で学位を取得した(する予定の)3名が研究発表を行いました。
前述の太田氏、経済経営研究科の十名直喜特任教授、足球外围平台推荐の黒田知宏准教授の3名がコメンテーターとして発表の解説を行ったほか、参加いただいた在学生や修了生、また本学教員から質問や意見のほか、アドバイスがおくられました。

発表タイトル

発表者 テーマ
発表1 櫻井 善行(名古屋学院大学大学院 博士 経営学)
「企業福祉と日本的システム」が問いかけたもの
発表2 冨澤 公子(名古屋学院大学大学院 博士 経営学) 奄美のシマ(集落)にみる文化資本を活かした地域経営
-長寿と人間発達を支える伝統と協働のダイナミズム-
発表3 ナンス ナンダァ アウン(名古屋学院大学大学院 博士 経営学 授与予定) ミャンマーの「体制」転換-経済発展戦略の視点から-

今回行われました本学学位取得者による研究発表会、また経営政策専攻博士論文中間発表会は定期的に開催しております。開催の際はご案内いたしますので、興味関心をお持ちの方は是非、ご参加ください。